インバスケットについて

公開日: : 最終更新日:2014/01/15 ビジネス

インバスケットは、マネージャー一歩手前の参加者について、マネージャーの業務がどれだけ出来るかを評価することに使われている。

参加者は、様々な問題、例えばクレームだとか、対人関係の問題等に対象するよう要求される。

参加者は、まず背景情報を配られる。その中には、組織の業績や参加者が果たすべき役割、前任者が不在となった状況が説明されている。その次に参加者は、案件の束が配られることになる。それは所謂インバスケット=未決箱をシュミレートしたものである。

インバスケットの案件は、多くの場合、最初に組織図、業績の推移、スケジュール表が含まれている。そして、次に、同僚、部下、上司、お客様からの封書、Eメール、申請書などが、含まれている。案件の数は、概ね20件程度である。それは、制限時間によって変わるが、2時間で20件が標準と言われている。

参加者は、インバスケットにおいて、案件を全て読まなくてはならない。読まない人もいるが、すべて読まなくては優先順位が付けられない。そして、案件を読んだ後は、それぞれの案件について、部下への指示やメモを所定の用紙に書きこまなくてはならない。

このようにして、作成された解答用紙はアセッサ―に提出され、アセッサ―は複数人でそれを評価する。

 

関連記事

no image

アセスメント・センターの目的

アセスメント・センターというのは具体的な手法であって、導入されるには目的がある。日本で最も多い目的は

記事を読む

no image

コンピテンシー

コンピテンシーという用語があり、行動特性と訳される。 日本企業で人事で既に一般的な考え方となっ

記事を読む

no image

インバスケットでは何が評価されるか

インバスケットはアセスメント・センターの演習の一つであり、管理職としてのマネジメントスキルのうち思考

記事を読む

no image

インバスケット攻略(2)

インバスケットで評価されるスキルに関しては、インバスケットが実施される組織で必要とされる人材のコンピ

記事を読む

no image

インバスケットで評価されること

インバスケットは、最終的に時間の枠内で全ての仕事を完了させるような結果となるように、時間と経営資源を

記事を読む

no image

問題解決とは(1)

問題解決というのは、簡単なようでいて難しい。だからこそ、問題解決のセミナーが開催され、そういった本が

記事を読む

no image

インバスケットへの取り組み方(1)

インバスケットを行うことによって、実際にマネジメントが出来る人と、ただマネジメントになりたい人の違い

記事を読む

no image

意思決定のスピード(1)

良い意思決定というのはきちんと情報が分析された上で、代替案が複数出され、その中から目標を達成すること

記事を読む

no image

どのように自分を動機付けるのか(2)

ハードルを超えろ あなたを他者に対するお手本とみなそう。あなたは自分自身のハードルを継続して上

記事を読む

no image

なぜ、管理職はリーダーシップについて無知なのか(2)

3.本は全て間違っている 間違っているかもしれないが、だからといって毎年のように新しいリーダー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
リーダーシップに求められること(2)

3.リーダーシップはハードワークだ あなたは傍観者ではいられない

no image
リーダーシップに求められること(1)

例えば、経営者だけにとどまらず、管理職にもリーダーシップは求めらている

no image
どのように自分を動機付けるのか(3)

毎日、明日自分の町を一ヶ月間留守するという緊急のメッセージを受け取った

no image
どのように自分を動機付けるのか(2)

ハードルを超えろ あなたを他者に対するお手本とみなそう。あなたは

no image
どのように自分を動機付けるのか(1)

成功のための一番の必要事項は弱気を廃し、不断の決意で一つの問題に対して

→もっと見る

PAGE TOP ↑