激動期のリーダーシップ(2)

上記をより細かくしたのが、以下の10のリストになる。

1.時間を作って自分の部屋から出て人と会うようにしよう。人と一緒にいるときは、彼らに耳をかたむけることに時間を費やそう。

2.全てを試すように急いだり全てをコントロールしようとするな。その代わりに、一番仕事のできる奴を巻き込んで彼らを信頼しろ

3.あなたの部下に全ては彼ら自身の問題だと言うようにしよう。隠さなくてはいけないことがあるのであれば、そのことを正直に言おう。

4.強烈な感情は一晩では消えない。人々に話す機会を与えよう。辛抱強くあれ。

5.あなたが行う全てに工夫することによって信頼を勝ち取るようにする。そして同様に部下のことを信頼すると表現することによって、信頼を勝ち取るようにする。

6.可能なかぎり早く、可能なかぎりたくさんの人を巻き込むやり方を見つけるようにしよう。

7.有限実行によって信頼できる人となろう。言い訳はしないこと。

8.部下が要求されたことを成し遂げたら報いよう。

9.組織の全ての人に気をかけていると示せ。その場合は、直接的なインパクトを残した人だけに限らず、接することが重要である。

10.皮肉や冷笑があなたの言葉の中に潜んでいないか気をつけよう。

このようなことを通じて激動期にリーダーシップを発揮しよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする