インバスケットへの取り組み方(1)

公開日: : 最終更新日:2014/01/16 ビジネス

インバスケットを行うことによって、実際にマネジメントが出来る人と、ただマネジメントになりたい人の違いがはっきりする。

インバスケットで行うことは、実際のマネジメントのシュミレーションである。単純に、Eメールや封書を読んで、それに対して、関係者に指示をするだけではないのだ。それはただのペーパーテストである。

インバスケットでは、業績や組織図などの資料と大量の案件が用意されている。参加者は、制限時間という強いストレスのもとで、それらと格闘しなくてはならない。それには、極めて高い能力が要求されるのだ。

それらの資料は非常に多く、一般的には30ページほどとなる。資料に含まれるものとしては、カレンダーや組織図、そして封書やEメール等の案件である。
まずあなたは、背景資料を理解しなくてはならない。それには、あなたがどういう状況でマネジメントをする役割に割り当てられるのかが書かれている。その後、大体20件ほどの案件について取り組むことになる。時間は概ね120分ほどである。長いインバスケットになると180分といいう場合がある。その場合は、案件の数が多くなり、30案件程度となることが多いようだ。

インバスケットは、ディメンジョンとよばれる、コンピテンシーをベースとした評価軸で評価されることになる。例えば、情報の整理・理解力、表現力、計画力、組織力、課題設定力、決断力、判断力、ストレス耐性などである。

インバスケットへの取り組み方(2)へ続く

関連記事

no image

インバスケット攻略(1)

インバスケット攻略にあたっては、まず最初にインバスケットの概要について考えてみたい。 インバス

記事を読む

no image

インバスケットへの取り組み方(2)

インバスケットの一類型として、インバスケットとインタビューがセットになっているものである。あなたがイ

記事を読む

no image

激動期のリーダーシップ(1)

事業再編や部署の編成の間には、人が動き、ころころ役割が変わる。そういう状況では、従業員にとって一つの

記事を読む

no image

インバスケットでは何が評価されるか

インバスケットはアセスメント・センターの演習の一つであり、管理職としてのマネジメントスキルのうち思考

記事を読む

no image

能力開発の為のアセスメント・センター(2)

能力開発の為のアセスメント・センター(1)で記述したように、自己啓発に最も重要な動機づけという点では

記事を読む

no image

コンピテンシー

コンピテンシーという用語があり、行動特性と訳される。 日本企業で人事で既に一般的な考え方となっ

記事を読む

no image

なぜ、管理職はリーダーシップについて無知なのか(3)

7.リーダーシップはつらい リーダーは見た目ほどやさしいものではないし、本で語られているほど生

記事を読む

no image

インバスケットとは(2)

インバスケットを運用するにあたってのモジュールは以下の通りである。 勿論、以下のモジュール構成

記事を読む

no image

問題解決とは(1)

問題解決というのは、簡単なようでいて難しい。だからこそ、問題解決のセミナーが開催され、そういった本が

記事を読む

no image

激動期のリーダーシップ(2)

上記をより細かくしたのが、以下の10のリストになる。 1.時間を作って自分の部屋から出て人と会

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    I really like it whenever people come together and share views. Great site, keep it up!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
リーダーシップに求められること(2)

3.リーダーシップはハードワークだ あなたは傍観者ではいられない

no image
リーダーシップに求められること(1)

例えば、経営者だけにとどまらず、管理職にもリーダーシップは求めらている

no image
どのように自分を動機付けるのか(3)

毎日、明日自分の町を一ヶ月間留守するという緊急のメッセージを受け取った

no image
どのように自分を動機付けるのか(2)

ハードルを超えろ あなたを他者に対するお手本とみなそう。あなたは

no image
どのように自分を動機付けるのか(1)

成功のための一番の必要事項は弱気を廃し、不断の決意で一つの問題に対して

→もっと見る

PAGE TOP ↑