リーダーシップに求められること(1)

例えば、経営者だけにとどまらず、管理職にもリーダーシップは求めらている。問題は、多くの管理職がそのことに気づいておらず、リーダーシップに必要とされる仕事を怠り、自分のキャリアや目の前の仕事だけに集中してしまうということである。

リーダーシップに求められることは以下の4つがある

1.リーダーシップは意思決定である

リーダーシップは意識的にできるだけよいリーダーになるというコミットに対する意思決定から始まる。そうでなければ、何かを本当にしているかのようにすることで何かをしているふりをするだけになってしまう。あなたの組織はあなたが最高の状態でいて欲しい。これは勿論、あなたには改善の余地があるという事実を受け入れる人間性を持っていなければいけないということを意味しているのだ。

2.リーダーシップは義務である

どこか新しい場所へ導くという意思決定はあなたに委ねられている。もしあなたが周りの人々に対する義務を考慮にいれずにリーダーになろうとしているのであれば、あなたは組織のもっと大きなゴールに焦点を合わせていないことになる。あなたは、長い目で見た成功を成し遂げる方法の代わりに自分自身のキャリアを前進させる方法を考えているということだ。あなたは、他人への義務よりも自分自身の為にやっているだけなのだ。

リーダーシップに求められること(2)へ続く

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク