なぜ、管理職はリーダーシップについて無知なのか(1)

1.殆どの管理職(リーダーシップを取らなくてはいけない立場の人々)はリーダーシップについての本を読まない

いつの時代でも世界中で沢山の管理職を見つけだすことができるのに関わらず、リーダーシップの本の売れた数よりも管理職の数はもっと多いことは間違いないだろう。私は現在の管理職に過去にどれだけリーダーシップの本を読んだことがあるのかいつも尋ねているが、彼らの全ては、彼らが正直だとすると、たった一冊すら読んでいない。かれらのうちの沢山は実際1冊か2冊本を購入しているが、結局は本棚の肥やしとなっており、ページには読んだ形跡すらみられない。

2.管理職は間違った本を読んでいる

アマゾンで売られている沢山のリーダーシップやマネジメントのベストセラー本は成功したビジネスリーダーについて書かれている。例えば、スティーブジョブスなどだが、とても成功するビジネスパーソンになることはリーダーシップのエキスパートとなることを保証しない。実際、スティーブ・ジョブスはリーダーシップのロールモデルとしては最悪に近いといわれている。したがって、そのような本にかんしては管理職に対してリーダーシップを教えるには不向きである。少数の経営者にとっては有用かもしれない。

なぜ、管理職はリーダーシップについて無知なのか(2)に続く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする