インバスケットとは(1)

インバスケットは分析や情報適応能力、意思決定能力、組織の業務プロセスについての知識を開発するトレーニングの手法である。つまり、参加者の思考的側面をトレーニングするには非常にうってつけな手法だと言える。

続きを見る

能力開発の為のアセスメント・センター(2)

能力開発の為のアセスメント・センター(1)で記述したように、自己啓発に最も重要な動機づけという点では、アセスメント・センターは難しい側面がある。 もう一つ難しい側面がある。それは、アセスメント・

続きを見る

能力開発の為のアセスメント・センター(1)

アセスメント・センターの目的として能力開発に活用される場合があると、前回の投稿で記述した。ここでは、能力開発という側面をより掘り下げていく。 仮に面接演習、インバスケット演習という二つの演習を使

続きを見る

アセスメント・センターの目的

アセスメント・センターというのは具体的な手法であって、導入されるには目的がある。日本で最も多い目的は、以下の3つになろう。 能力開発目的型 選抜目的型 診断目的型 企業によって、

続きを見る

意思決定のスピード(2)

2013/12/31 | ビジネス

意思決定は色々な階層、現場的な意思決定、管理的な意思決定、経営的な意思決定があるが、上位に行くにしたがって、意思決定による影響度は大きくなる。現場では間違った意思決定を行ったとしても残業によるリカバー

続きを見る

意思決定のスピード(1)

2013/12/30 | ビジネス

良い意思決定というのはきちんと情報が分析された上で、代替案が複数出され、その中から目標を達成することが最も効率的にできるような案が選択されることでなされる。 全ての人がそのステップを踏んで意思決

続きを見る

コンピテンシーとアセスメント・センター

日本でのアセスメント・センターではあまり言及されないが、欧米のアセスメント・センターではコンピテンシーという言葉が頻繁に使われる。 日本の場合は、ディメンションという評価項目を定義し、それに基づ

続きを見る

コンピテンシー

コンピテンシーという用語があり、行動特性と訳される。 日本企業で人事で既に一般的な考え方となったものだ。 だが、人事畑にいない人にとって、分かるようで良く分からないというのが、実際のところ

続きを見る

インバスケットで評価されること

インバスケットは、最終的に時間の枠内で全ての仕事を完了させるような結果となるように、時間と経営資源を論理的に配分しながら、どのように個人が複数の仕事を管理できたのかということを評価するものだ。インバス

続きを見る

no image
リーダーシップに求められること(2)

3.リーダーシップはハードワークだ あなたは傍観者ではいられない

no image
リーダーシップに求められること(1)

例えば、経営者だけにとどまらず、管理職にもリーダーシップは求めらている

no image
どのように自分を動機付けるのか(3)

毎日、明日自分の町を一ヶ月間留守するという緊急のメッセージを受け取った

no image
どのように自分を動機付けるのか(2)

ハードルを超えろ あなたを他者に対するお手本とみなそう。あなたは

no image
どのように自分を動機付けるのか(1)

成功のための一番の必要事項は弱気を廃し、不断の決意で一つの問題に対して

→もっと見る

PAGE TOP ↑