問題解決とは(1)

公開日: : 最終更新日:2014/01/18 ビジネス

問題解決というのは、簡単なようでいて難しい。だからこそ、問題解決のセミナーが開催され、そういった本が色々出版されているのだ。
問題解決について、肥満になってしまったという例を用いて考えてみる。まずは、本当に肥満かということだ。若い女性は少し太っただけで、騒ぐば場合があるが、実際それが肥満かと言われればそうではないだろうか。つまり、肥満と認められるためには、BMIという規準だったり、体脂肪量という規準必要となる。肥満のBMIを超えてはじめて肥満であるという問題が定義できるのだ。まず問題が定義できたらどうするのか、解決策を考える必要がある。この場合、ただ単に肥満の場合は運動するという解決策で良いのかというとそうではないだろう。多くの場合は、解決策というのは、自身の経験等から当て推量のように出されてしまう。自分が運動を良くする人であったら、肥満には運動が一番と思ってしまうのだ。この場合は解決策にはならない。運動を良くしている人でも太っている人はいるし、逆に運動を全くしない人でも痩せている人はいるのである。では、どうするのか。それは、肥満の真因を探すことだ。多くの人が真因ではなく、問題現象を問題と捉え、問題現象の裏返しで解決策を考えようとしてしまうが、それでは、効率的な問題解決にならないのは上記で述べた通りだ。

問題解決とは(2)へ続く

関連記事

no image

どのように自分を動機付けるのか(1)

成功のための一番の必要事項は弱気を廃し、不断の決意で一つの問題に対してあなたの精神と肉体のパワーを注

記事を読む

no image

インバスケットへの取り組み方(1)

インバスケットを行うことによって、実際にマネジメントが出来る人と、ただマネジメントになりたい人の違い

記事を読む

no image

インバスケットについて

インバスケットは、マネージャー一歩手前の参加者について、マネージャーの業務がどれだけ出来るかを評価す

記事を読む

no image

能力開発の為のアセスメント・センター(1)

アセスメント・センターの目的として能力開発に活用される場合があると、前回の投稿で記述した。ここでは、

記事を読む

no image

意思決定のスピード(1)

良い意思決定というのはきちんと情報が分析された上で、代替案が複数出され、その中から目標を達成すること

記事を読む

no image

能力開発の為のアセスメント・センター(2)

能力開発の為のアセスメント・センター(1)で記述したように、自己啓発に最も重要な動機づけという点では

記事を読む

no image

なぜ、管理職はリーダーシップについて無知なのか(1)

1.殆どの管理職(リーダーシップを取らなくてはいけない立場の人々)はリーダーシップについての本を読ま

記事を読む

no image

どのように自分を動機付けるのか(2)

ハードルを超えろ あなたを他者に対するお手本とみなそう。あなたは自分自身のハードルを継続して上

記事を読む

no image

なぜ、管理職はリーダーシップについて無知なのか(3)

7.リーダーシップはつらい リーダーは見た目ほどやさしいものではないし、本で語られているほど生

記事を読む

no image

アセスメント・センターの目的

アセスメント・センターというのは具体的な手法であって、導入されるには目的がある。日本で最も多い目的は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
リーダーシップに求められること(2)

3.リーダーシップはハードワークだ あなたは傍観者ではいられない

no image
リーダーシップに求められること(1)

例えば、経営者だけにとどまらず、管理職にもリーダーシップは求めらている

no image
どのように自分を動機付けるのか(3)

毎日、明日自分の町を一ヶ月間留守するという緊急のメッセージを受け取った

no image
どのように自分を動機付けるのか(2)

ハードルを超えろ あなたを他者に対するお手本とみなそう。あなたは

no image
どのように自分を動機付けるのか(1)

成功のための一番の必要事項は弱気を廃し、不断の決意で一つの問題に対して

→もっと見る

PAGE TOP ↑