問題解決とは(2)

公開日: : 最終更新日:2014/01/19 ビジネス

さて、真因はどのようにして分かるのだろうか。まずは、肥満であるという事象を「なぜ」という問いで掘り下げていく必要がある。ただ「なぜ」を使うだけではない。そこにはMECE(もれなくダブりなく)という切り口を用いてなぜ、なぜと掘り下げていく必要がある。例えば、肥満であるということを1.遺伝で太っている、2.生活習慣で太っているというように分けることができる。つまり、自分の所為でない場合もあるし、自分の所為で太っているということだ。自分の家族に太っている人が少なければ、2であるといえるだろう。そこでまた「なぜ」ということを考えていく。2をまた分解していくためには、MECEにする必要があるが、単純に、摂取カロリー-消費カロリー=余剰カロリーの蓄積と考えると、2-1.摂取カロリーが多い、2-2.消費カロリーが少ないというように分けることができるだろう。2-1については自分の食生活を振り返ってみると、食品のカロリー表示から大体の1日の摂取カロリーは計算できる。それを、自分の性別と歳の必要摂取カロリーと比べてみて、多いようだと少々食べ過ぎだと言えるだろう。これをより分解していくと、朝食、昼食、夕食、その他というように分けられる。3食のなかで突出してカロリーが多いことがあれば、それが問題だし、その他としておやつや夜食を食べているのであれば、それが問題である。

関連記事

no image

激動期のリーダーシップ(2)

上記をより細かくしたのが、以下の10のリストになる。 1.時間を作って自分の部屋から出て人と会

記事を読む

no image

インバスケットへの取り組み方(2)

インバスケットの一類型として、インバスケットとインタビューがセットになっているものである。あなたがイ

記事を読む

no image

コンピテンシーとアセスメント・センター

日本でのアセスメント・センターではあまり言及されないが、欧米のアセスメント・センターではコンピテンシ

記事を読む

no image

インバスケットとは(1)

インバスケットは分析や情報適応能力、意思決定能力、組織の業務プロセスについての知識を開発するトレーニ

記事を読む

no image

インバスケット攻略(3)

前回までインバスケット攻略の大前提を記述してきた。次からは、インバスケットの流れについて見ていこう。

記事を読む

no image

リーダーシップに求められること(2)

3.リーダーシップはハードワークだ あなたは傍観者ではいられない。あなたは道を示さなくてはなら

記事を読む

no image

どのように自分を動機付けるのか(3)

毎日、明日自分の町を一ヶ月間留守するという緊急のメッセージを受け取ったという状況を想像してみよう。も

記事を読む

no image

インバスケットでは何が評価されるか

インバスケットはアセスメント・センターの演習の一つであり、管理職としてのマネジメントスキルのうち思考

記事を読む

no image

どのように自分を動機付けるのか(2)

ハードルを超えろ あなたを他者に対するお手本とみなそう。あなたは自分自身のハードルを継続して上

記事を読む

no image

意思決定のスピード(2)

意思決定は色々な階層、現場的な意思決定、管理的な意思決定、経営的な意思決定があるが、上位に行くにした

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
リーダーシップに求められること(2)

3.リーダーシップはハードワークだ あなたは傍観者ではいられない

no image
リーダーシップに求められること(1)

例えば、経営者だけにとどまらず、管理職にもリーダーシップは求めらている

no image
どのように自分を動機付けるのか(3)

毎日、明日自分の町を一ヶ月間留守するという緊急のメッセージを受け取った

no image
どのように自分を動機付けるのか(2)

ハードルを超えろ あなたを他者に対するお手本とみなそう。あなたは

no image
どのように自分を動機付けるのか(1)

成功のための一番の必要事項は弱気を廃し、不断の決意で一つの問題に対して

→もっと見る

PAGE TOP ↑