インバスケットとは(1)

公開日: : 最終更新日:2014/01/04 ビジネス

インバスケットは分析や情報適応能力、意思決定能力、組織の業務プロセスについての知識を開発するトレーニングの手法である。つまり、参加者の思考的側面をトレーニングするには非常にうってつけな手法だと言える。

インバスケットは、様々な状況で活用できるし、学習の方法としてもとても実践的なものだ。たとえば、アセスメント・センターの中の一演習として、管理職の選抜や従業員の能力開発を目的として活用される。

受講者は事前の解釈や分析をしなくとも、インバスケットを受講するだけで、利益を家に持ち帰ることができる。ただし、インバスケットは、時間もかかるし、非常にストレスもかかるテストである。

インバスケットで学ぶことができると期待できる学習成果は以下の通りである。

  1. 組織的な活動について深い理解を得ることができる。
  2. 多様な機能の役割を横断してその場に応じた意思決定をする経験を積むことができる。
  3. 異なるシュチュエーションで必要とされる多様な管理職としての質を理解することができる。
  4. より大きな責任とより高い管理的立場を遂行することについて参加者をトレーニングすることができる。
  5. 組織の異なる機能と、同様に対人関係のダイナミクス、内部の部署間の均衡状態についての理解を得ることができる。

インバスケットとは(1)へ続く

関連記事

no image

インバスケットについて

インバスケットは、マネージャー一歩手前の参加者について、マネージャーの業務がどれだけ出来るかを評価す

記事を読む

no image

意思決定のスピード(2)

意思決定は色々な階層、現場的な意思決定、管理的な意思決定、経営的な意思決定があるが、上位に行くにした

記事を読む

no image

リーダーシップに求められること(2)

3.リーダーシップはハードワークだ あなたは傍観者ではいられない。あなたは道を示さなくてはなら

記事を読む

no image

激動期のリーダーシップ(1)

事業再編や部署の編成の間には、人が動き、ころころ役割が変わる。そういう状況では、従業員にとって一つの

記事を読む

no image

問題解決とは(1)

問題解決というのは、簡単なようでいて難しい。だからこそ、問題解決のセミナーが開催され、そういった本が

記事を読む

no image

なぜ、管理職はリーダーシップについて無知なのか(2)

3.本は全て間違っている 間違っているかもしれないが、だからといって毎年のように新しいリーダー

記事を読む

no image

なぜ、管理職はリーダーシップについて無知なのか(3)

7.リーダーシップはつらい リーダーは見た目ほどやさしいものではないし、本で語られているほど生

記事を読む

no image

インバスケットへの取り組み方(1)

インバスケットを行うことによって、実際にマネジメントが出来る人と、ただマネジメントになりたい人の違い

記事を読む

no image

インバスケットでは何が評価されるか

インバスケットはアセスメント・センターの演習の一つであり、管理職としてのマネジメントスキルのうち思考

記事を読む

no image

アセスメント・センターの目的

アセスメント・センターというのは具体的な手法であって、導入されるには目的がある。日本で最も多い目的は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
リーダーシップに求められること(2)

3.リーダーシップはハードワークだ あなたは傍観者ではいられない

no image
リーダーシップに求められること(1)

例えば、経営者だけにとどまらず、管理職にもリーダーシップは求めらている

no image
どのように自分を動機付けるのか(3)

毎日、明日自分の町を一ヶ月間留守するという緊急のメッセージを受け取った

no image
どのように自分を動機付けるのか(2)

ハードルを超えろ あなたを他者に対するお手本とみなそう。あなたは

no image
どのように自分を動機付けるのか(1)

成功のための一番の必要事項は弱気を廃し、不断の決意で一つの問題に対して

→もっと見る

PAGE TOP ↑